諸費用について

ご挨拶

車を購入するには先ず、車両の選択だと思います。次は車両の値段、この時点でお客様自身の購入予定額が決まり、いざお店へ行くと諸費用が高く、予算以上の金額でお車を購入された方も少なくないと思います。諸費用につきましては、法定費用(例えば自動車税・所得税・リサイクル料等)はどこのお店でも一緒ですが、それ以外の諸費用いわば手数料については各自動車販売会社でマチマチなのです。マーキュリーでは諸費用を全て公開し・明確化する事により、お客様に安心して購入して頂けると共に、諸費用がお安い分ワンランク上のお車を選択して頂けると考えております。

税金

自動車重量税

新車登録時、以後車検時ごとに車両重量に応じて課せられる国税で、平成22年4月以降税額が引き下げられました。
この税金は前払い制ですが、平成17年1月より廃車(永久抹消登録)した場合は、車検残期間分が還付されます。なお、クルマを売る、名義変更するなど一時抹消登録では還付されません。

自動車重量税税額表(単位:円)

車検期間~1t1~1.5t1.5~2t2~2.5t軽自動車
3年 24,600 36,900 49,200 61,500 9,900
2年 16,400 24,600 32,800 41,000 6,600
13年経過 20,000 30,000 40,000 50,000 7,600

自動車税

毎年4月1日現在のクルマの所有者(または使用者)に対して課せられる都道府県税で、税額はエンジンの排気量に応じて定められています。この税は月割制度がありクルマを登録した翌月から年度末までの分を納税します。ただし、軽自動車については月割制度はありません。
※国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアしたクルマは自動車取得税、自動車重量税、自動車税(軽自動車除く)において特例措置を受けることができます。

自動車税月割納税額・軽自動車税額表(単位:円)

排気量/登録月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月参考年税額
1000cc以下27,00024,50022,10019,60017,20014,70012,2009,8007,3004,9002,400029,500
1000cc超1500cc以下31,60028,70025,80023,00020,10017,20014,30011,5008,6005,7002,800034,500
1500cc超2000cc以下36,20032,90029,60026,30023,00019,70016,40013,1009,8006,5003,200039,500
2000cc超2500cc以下41,20037,50033,70030,00026,20022,50018,70015,00011,2007,5003,700045,000
2500cc超3000cc以下46,70042,50038,20034,00029,70025,50021,20017,00012,7008,5004,200051,000
3000cc超3500cc以下53,10048,30043,50038,60033,80029,00024,10019,30014,5009,6004,800058,000
3500cc超4000cc以下60,90055,40049,80044,30038,70033,20027,70022,10016,60011,0005,500066,500
4000cc超4500cc以下70,10063,70057,30051,00044,60038,20031,80025,50019,10012,7006,300076,500
4500cc超6000cc以下80,60073,30066,00058,60051,30044,00036,60029,30022,00014,6007,300088,000
6000cc超101,70092,50083,20074,00064,70055,50046,20037,00027,70018,5009,2000111,000
軽自動車ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー7,200
軽商用車ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー4,000

消費税

車両価格は8%の消費税が含まれた表示です。また、車両以外にオプション装備や付属品についても8%の消費税が課税されます。さらに法定費用を除いた登録代行費用などの手数料等にも同様に課税されます。

保険

その他の諸費用

登録費用

新車なら新規登録、中古車なら移転登録(名義変更)や変更登録(住所変更等)を陸運支局に申請(軽自動車は届け出)しないとクルマはユーザーのものになりません。
登録の種類、クルマの種別などによって必要な法定費用(印紙代)は異なります。
また、ナンバーを新規に取得する場合、もしくは変更する場合は、ナンバープレート代が必要となります。なお、「希望ナンバープレート」を選択した場合は、さらに交付手数料(普通車で9,800円)が必要となります。
販売店がこれらの手続きを代行する場合に、交通費・人件費などの代行費用が発生し、消費税の課税対象となります。
また、販売店の所轄陸運支局以外で登録する際は、代行費用が割高になる場合もあります。

車庫証明費用

クルマを購入する場合には、地元警察署が発行する車庫証明書が必要です。申請にかかる費用は普通車が2,700円、軽自動車が500円です。

納車準備費用

お客様へお車を引き渡す前に必要な、清掃等の準備費用です。9,800円になります。(※お車をご自宅までお届けする納車費用ではございません。)

整備費用

納車前の整備費用が車両価格に含まれる場合もあります。また、法定定期点検整備にあたる整備なのか、販売店独自の整備なのかを販売店にご確認ください。消費税の課税対象になります。

リサイクル料金

2005年1月より法律で義務化された費用で、クルマの購入時や廃車時に支払う必要があります。金額は車種・装備などにより異なり、国産車でおよそ9,000円~20,000円の範囲です。リサイクル料金を支払えば「リサイクル券」が発行され、支払いが証明されます。また、リサイクル料金を支払い済みのクルマを中古車として売った場合、原則として支払った預託金相当額は戻ってくる仕組みになっています。